岩手国体PR宣伝協定

ご存知の方も多いかと思いますが、ヴィヴァーレ一関と希望郷いわて国体と希望郷いわて大会の一関市実行委員会が大会の宣伝活動に関する協定を結びましたしかも、宣伝活動に関する協定は、一関市では第1号です ヴィヴァーレ一関は来年度から東北1部でリーグ戦を戦うこともあり、東北各県で行われる試合会場やフットサル教室などでPRを行っていくことを一関市と約束しました!(密かにわんこダンスも特訓中?いつか観れるかな~) これから、宣伝活動頑張ります5月から始まるリーグ戦、10月から始まる希望郷いわて国体。来年度はヴィヴァーレの試合観戦、希望郷いわて国体、希望郷いわて大会でスポーツ観戦で熱くなろう 岩手国体PR宣伝協定 宣伝活動に関する協定を取り交わした際の写真です。左からヴィヴァーレ一関フットサルクラブ佐藤良規代表、浅利健選手、一関市実行委員会事務局長の佐々木裕子市まちづくり推進部長、西城和廣市まちづくり推進部次長兼国体推進室長です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です