設立の趣旨・定款

設立趣旨書

1 趣旨

近年の地域を取り巻く環境は、少子・高齢化、利便性の向上などを背景に、運動不足からくる基礎体力の低下や生活習慣病等による医療費の増大、コミュニティの希薄化による地域教育力の低下など、さまざまな問題を抱えています。また、ライフスタイルや価値観の多様化が進み、スポーツへの関わり方は大きく変化しています。
当クラブは、一関地域内に市民レベルでサポートし、応援されながら活動しているスポーツチームが少なく、地域活性化とスポーツ振興から新たな地域コミュニティの形成を目指すために、フットサル競技を中心とした子どもから大人までエンジョイ志向から競技志向のプレーヤーまで様々なスポーツを楽しめる活動の場の提供を始めました。

当クラブは、活動を行いながら、ある課題に気づきました。

 一関地域においては、将来、少子化の背景によりスポーツ少年団や部活動の結成が困難になることが考えられ、能力がないという理由ではなく、単に「その地域に自分がやりたい部活動が無い」「良い指導者がいない」という理由で、希望する競技種目の選択肢を狭め、スポーツ離れの原因となることが想定されます。何かスポーツを始めようと思っても、その地域にある既存のスポーツクラブしか選択肢が無ければ、経験したり学んだりする機会も無いままに、とりあえずそこにあるスポーツクラブに入るしかないのです。自分にあったスタイルのスポーツを探すことができれば、子供は無理をせずにスポーツを始めることができます。子供たちに「学校区」「学年」に関係なく、自分がやりたいスポーツを思う存分できる場所として、地域がその受け皿となる必要があります。生涯スポーツにおいても、同様の課題を抱え、既存の各種地域スポーツ団体の存続は困難となりつつあります。
 そこで、当クラブは、フットサルを中心とし、地域に住む住民のアイデアによって自主的に運営されメンバー構成や種目など、地域の特徴を活かし、地域のニーズにあったクラブを地域住民の手で創り、参加した住民のひとりひとりが、スポーツをするだけでなく指導する側や支える側などいろいろな立場で関わり性別・世代を超えて、人と人とが豊かにつながりあう地域の新しいコミュニティの場づくりを行うために、特定非営利活動法人として地域振興に寄与して参ります。

 

2 申請に至るまでの経過

いちのせき市民活動促進会議インアーチスポーツ事業としてフットサル大会を開催

【2005年】
インアーチカップいちのせきフットサル大会開催
インアーチ選手権いちのせきフットサル大会開催
【2006年】
インアーチカップいちのせきフットサル大会開催
インアーチ選手権いちのせきフットサル大会開催
【2007年】
インアーチカップいちのせきフットサル大会開催
   インアーチ選手権いちのせきフットサル大会開催
【2008年】
インアーチカップいちのせきフットサル大会開催
インアーチ選手権いちのせきフットサル大会開催

スポーツ事業からスポーツクラブを発足

 

【2009年】
スポ―ツクラブ:ファンスポルト一関設立
フットサルレディーススクール開設
ファンスポカップいちのせきフットサル大会開催サイクリング事業開設
【2010年】
フットサルジュニアスクール開設
フットサルトップチーム「一関」発足
Vivale一関岩手県リーグ優勝
ファンスポカップいちのせきフットサル大会開催
サイクリング事業休止
【2011年】
Vivale一関東北2部北リーグ昇格
Vivale一関東北2部北リーグ2位

平成23年12月18日
特定非営利活動法人ファンスポルト一関
設立代表者
   小野 仁志